個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額し

 

個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額して貰う交渉をするのであり、自己破産のような完全な免責とは違い、必ず返済しなければなりません。その返済をおろそかにすると、再生計画取消しの申立が出されたり、和解破棄ということになって、それまでの延滞金を合わせた全ての債務を一括で返すように要求されることもありますし、強制執行なんてことにもなりかねません。任意整理の和解や個人再生での再生計画は順守しないと、あとで大変な思いをするので注意が必要になります。借りたお金の整理を行う際に必要な費用というのは、手段によって大聴く違ってきます。任意整理みたいに、1社それぞれを低い金額で利用することができる方法もあるものの、債務整理による解決の場合のように、結構高額な料金を支払うものもあります。

自ら出費を確かめることも重要です。過払い金があれば、借金を減らすことができるでしょう。過払い金について知らない人がいるかも知れませんが、これは返済時に払い過ぎた利息のことをさします。
最近までグレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、ここでお金を借りていた人は法定外の利息の付いたお金を返済していたことになります。この払い過ぎた分が過払い金です。
これを返還して貰えば、今ある借りたお金を返せるかも知れません。お金を借りるの返済ができなくなった場合に、お金が返せない人は、弁護士をとおしてお金を返すべき人と話し合って、返済額の調整をすることになります。 これが任意整理という手続きですが、任意整理になる場合に、銀行口座が凍結される惧れがあります。
銀行口座にお金がまだある場合は債権者に持って行かれてしまうので、任意整理となる前に引き出しておきましょう。借入先や回収業者からの取立てや催促に困っている時に任意整理や個人再生といった手続きを開始すると債権者に対して弁護士や司法書士から「お金を借りるの整理の依頼を請け負いました」という内容の書状が送られると、一切の催促、連絡行為は止みます。ですから手続き中に連絡があれば内容を問わず、担当する弁護士に即、何があったか話してちょーだい。

自身が対応する必要はないですし、いちいち対応するのは意味がないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket