認定司法書士というのは法務大臣の認定を受け

 

認定司法書士というのは法務大臣の認定を受けた者で、この認定がなければ個人再生、任意整理、カードローン破産といったお金を借りるの整理を行なうことはできません。 そして任意整理を司法書士に依頼する際は、債務一件あたりの総額が延滞料なども含め140万円以内でなければなりません。

それ以外にも、カードローン破産や個人再生では裁判所での手つづきの代理人に指定できるのは弁護士だけあり、認定を受けた司法書士でも代理人に指定することは認められておらず、依頼主自身が裁判所に行かなければいけません。

大抵、もしも債務整理を行なうと漏れなくブラックリスト入りだとよく言われているものの、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。

余計に払っていた利息の返還を受けるだけなので、その結果、残債がなくなるのならば事故とは言えないというりゆうです。ですが、過払い金があって金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)を引き直しても変わらずに残債があれば、ブラック入りしてしまいます。

カードローン破産や個人再生などの方法がある債務を整理ですが、任意整理の場合は各種ローンの審査に受かる可能性が残ります。任意整理であれば、裁判せずに済みますから、官報などに氏名や住所が載る心配もありません。過去の返済時に過払い金があれば、返還してもらった過払い金額によっては、用立ててもらったお金を完済できる可能性もあり、このような人はブラックリスト登録者として対応されることは無いでしょう。以前、用立ててもらったお金地獄に陥り、数百万円の借りたお金を負ってしまいました。それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

再就職もうまくいかず、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。しばらくしてから就職はできたのですが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、弁護士に依頼して借りたお金の整理をしました。

今は、普通に暮らせているので幸せです。

婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚の予定があっても無関係です。
用立ててもらったお金の整理したことで、配偶者もブラックになることは絶対にありません。とはいえ、婚約者にとって、相手が借りたお金の整理をしているということは重要な問題になると思います。きちんと婚約者と話し合って実際に結婚に進んだ方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket