返済のために売却する必要はない

 

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、ローンの名義人が自己破産といったことになると、その時点で返済しているローン契約は解除となり、自宅も自動車も借金の返済のために売ることになるか、でなければ競売にかけられるものです。
但し自己破産以外の個人再生や任意整理では、それらのローンは原則的に交渉対象外となりますので、返済は従来通りつづける必要があります。返済のために売却する必要はない所以で、自己破産と混同しないよう注意して下さい。抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、残念ながらデメリットもあります。その一つが、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。平たく言えば、長期間、ローンを組んだり借り入れすることが難しくなります。債務整理には複数の方法があり、選択した債務整理の方法によってブラックが解消されるまでが短ければ5年、長ければ10年とちがうことに留意しておきましょう。
もし、任意整理をしたとしても、たいしたデメリットなどないと思われるかもしれませんが、実際にはあるといったことを知っていますか。それは、官報に掲載されることです。噛み砕いて言うと、他に人に知られてしまう可能性もあるといったことです。これこそが任意整理最大のデメリットだといったことになるのかもしれません。

このところ、債務を整理を行って借金を整理する人も多いようです。

払いきれない利息を整理できますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるといったデメリットも存在します。

ここで問題になるのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかといったことでしょう。実際のところ、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。

持ちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、ブラックでも借りられるところはありますので、その点については心配ないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket