自分ですることも可能

 

安く済まそうと、個人で借金の整理を行おうとする人がいますが、十分な法的知識を持っていることが大前提になります。
その他にも、関係書類の準備や長い時間も必要になることは想像に難くないのです。ですから、債務整理をするならば、司法書士や弁護士などのプロに依頼する方が良いと思います。知識も経験も豊富な弁護士だったら、早々に解決してくれるでしょう。借金で首がまわらなくなり、行き詰った時は弁護士や司法書士に助けを求めましょう。

もうこれ以上は返せないという場合は自己破産という手順がふめます。

何年間か海外に行けなくなるなどの制限がかかりますが、借金額が0円になります。個人再生という選択をするためには、安定収入などのある程度の条件が必須です。

法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理をおこなうことはできません。そして任意整理を司法書士に依頼する際は、ひとつの債権あたりの額が遅延損害金等も併せて140万円以下である必要があるようです。

もうひとつの違いは代理人です。自己破産や個人再生をおこなう場合、依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、代理人として司法書士を任命することは原則としてできませんので、自分で裁判所に行って手続きすることになります。
家族に内密に借金をしてい立ところ、とうとう返せなくなって、債務の整理をする事にしました。まあまあ大きな額の借金があり、もう返済が不可能になりました。話をしたのは巷の弁護士事務所でまあまあ安い値段で債務を整理してくれました。 払えないままの借金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket