一度でも債務整理をした人

 

今後もお金を借りられる可能性は残っているのでしょうか。法律では、債務整理者の借入の制限がかかるようなことはありません。

ですから、借入は可能だと言えます。ただし、大半の銀行や消費者金融でキャッシングサービスを利用することは相当難しくなります。逆に、小さな消費者金融では場合によってはキャッシングが可能なこともあるので、諦めることはありません。立とえ弁護士に着手金が払えない状態でも、状況次第では債務整理の手続きをおねがいすることは可能です。

払う意思があることがわかるよう、手付金を出来る限り支払うようにするのです。

不足分は債務整理手続き中の返済が猶予されている間に積立を行い、手続きが済んだら成功の度合いに応じた報酬や経費とあわせてまとめて精算するのです。負担の少ない方法ですし、債務を整理の相談で法務事務所などを訪れた際には、積立方式を勧められますし、債務の返済が再開してから弁護士費用を支払うよりはよほど現実的です。

債務整理を一度したことのある人が再度の債務整理をするなら、一度目の債務整理がどんな方法で行なわれたかに応じて手続きが変わります。

債務整理が個人再生あるいは自己破産によって行なわれた人であれば、二回目に債務整理ができるようになるのはそれから7年後以降です。ですが、任意整理だったならば期間の制約は受けません。概して二度目の債務整理は最初に行っ立ときより承認が得られにくく、二回目の自己破産ならば尚のこと非常に手強くなります。 債務整理してから、住宅ローンの仮審査を銀行で申し込むとどうなるかと言うことですが、利用できないことになっています。
今後、数年間は、お金をどうやっても借りられなくなって、信用情報に載ってしまうのです。

利用したいと思うのならしばらく時間をおいて、様子をみてみましょう。

借金返済できない時にどうしたらいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket