住宅を購入する時は所得税の特別控除が利用できる

 

住宅ローンの所得税控除は、長期優良住宅を買うためにローンを組んだ時に使える仕組みです。
長期に渡る使用に耐える住宅の建築を推進するために、2009年に長期優良住宅についての法律が制定されました。
長期優良住宅は、耐久度が高く、地震でも壊れず、改修工事がしやすいという特性があります。
現在、多くの方に長期優良住宅をつくってもらうために、住宅ローンの控除という形での優遇措置がとられています。
長期優良住宅にすることで、解体をする時に出る廃棄物を減らす、エコな生活も意図されています。
一度立てた家に長く住み続けることができるように、長期優良住宅は長く使える家であることも重視されています。
また、2017年までであれば、最大65万円までの所得税控除が、住宅ローン控除を受けていなかった方でもできます。
いったん長期優良住宅を建築したら、長く保つ家になってくれることも、重点を置かれています。
歳月を経ても耐久性が維持できるように、10年おきに柱や梁を確認して、必要に応じて直しておくという措置をとります。
住宅ローンの融資を受けて、長期優良住宅を買うことは、この先、長期優良住宅を新しく建てて暮らしたいと考えている人に、おすすめしたい方法てす。 所得税の特別控除を利用する時には、税務署にそのための書類をつくって渡すステップが必要です。
所得税からの控除はどうすれば利用することができのか、これから住宅ローンを組んで家を買うつもりの人はリサーチが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket